に投稿

COVID-19とWebnar(3)

実際のウェビナーの様子はどうなっているのだろうか。ここでは,4月16日の”Public Libraries Respond to COVID-19: Innovative Solutions in Times of Crisis“の回を見てみる。

スピーカーは以下の4名である。実施の形態は,ウェブ会議システムを使って,それぞれが自宅などから発言する方式である。やりとりは録画され,動画配信サービスVimeoを使って公開されている。また,視聴者のチャットのログは動画と一緒に公開されている。

  • Pam Sandlian(Smith, Director, Anythink Libraries, Adams County, CO)
  • Marcellus Turner(Executive Director and Chief Librarian, The Seattle (WA) Public Library)
  • Kelvin Watson(Director of Libraries, Broward County (FL) Libraries Division)
  • Mary Hirsh(PLA Deputy Director)

まず,PLAの継続教育のマネージャであるAngela Maycock氏がスピーカーを紹介し,そのあと,Mary Hirsh氏に引き継いでいる。

Hirsh氏は,まずPLAが実施した全米の公共図書館に対する調査結果を5分間ほど解説したあとで,最近の図書館の革新的試みを尋ねている。3Dプリンタ,オンラインストーリータイム,ラップトップの貸出,フードバンク,ヴァーチャルコンサートなどが挙げられている。次に,Hirsh氏は,そうしたアイデアをどこから得ているのかを尋ねているが,PLAやALAといった図書館関連団体,ソーシャルメディア,図書館管理職とのやりとりが挙げられている。他に,現在のような環境下,スタッフをどのようにサポートするのかについても議論されている。

こうした議論の最中,参加者はウェブ会議システムのチャット機能を使いコメントしている。コーディネータのHirsh氏は,その中から社会的公正にどう貢献するかという質問を取り上げ,スピーカーに尋ねている。

以上が,この回の内容で,全体で60分弱であった。全体にリラックスした雰囲気で運営されていることが印象的だった。聞き手も自宅から参加できるので手軽に参加できると思う。日本でも,この間,ウェブ会議システムが多くの職場で広がっている。少なくとも私の職場では頻繁に使用している。サポート体制さえ整えば,図書館の研修や,情報交換のツールとして広がっていくのではないだろうか。

に投稿

COVID-19とWebinar(2)

実際にどのような内容をのウェビナーが実施されているのだろうか。ここでは,PLAのものを見てみる。各回のウェビナーの「説明/学習目標」として書かれているものを見てみる。

1回目は2020年3月27日で「COVID-19に対する図書館の対応―現在の状況―」と題し,公共図書館が,新たな状況にどのように対処しているのかに関し,図書館長に相当する2名から話を聞くとともに,質問等を受け付けている。まずは緊急的な情報共有という側面が強い回である。

2回目は2020年4月3日で「COVID-19に対する図書館の対応―リモートワークを成功させる方法―」と題し,関連する部門のライブラリアンから,リモートワークに移行しつつあるライブラリアンが,どのように仕事に取り組むかの方法を聞くとともに,やはり質問等を受け付け情報共有の機会を設けている。図書館閉館が進む中で,変化するライブラリアンの働き方に対処したものであろう。

3回目は2020年4月10日で「COVID-19に対する図書館の対応―ストレスと不安への対処―」と題し,PLAの関連部門の職員から,セルフケアの方法を学ぶとともに,ストレスや不安を管理する方法を学ぶ回である。ここでも,質問等を受け付けるとともに,情報共有の機会を設けている。3回目は2回目と同様,変化するライブラリアンの働き方へ対処したものといえよう。

4回目は2020年4月17日で「COVID-19に対する図書館の対応―危機の時の革新的な解決策―」と題し,図書館が閉館する中でも革新的な方法で対処しているライブラリアンから,話を聞く回である。ここでも,質問等を受け付けるとともに,情報共有の機会を設けている。2回目,3回目より積極的な印象のある回である。

5回目は2020年4月23日で,「COVID-19に対する図書館の対応―全国調査の結果―」と題し,2,500以上の図書館に対して3月24日から4月1日までに実施された全国調査の結果と,次の調査に関わる情報を共有する回である。図書館協会が音頭を取ってすばやくにこうした活動をしているところがすごい。

6回目は2020年4月24日で,「COVID-19に対する図書館の対応―デジタル・エクイティを推進するための戦略―」と題し,図書館の役割を考える回である。これまで社会の中で,デバイス,インターネットアクセス,トレーニングで一定の役割を果たしてきた図書館に現在の状況下,何ができるかを考える回である。特にWiFiに焦点が当てられている印象である。

以上,各回のウェビナーの内容を見てきた。劇的に変化した新しい環境に素早く図書館協会が反応していることが分かる。次の回では,ウェビナーの実際を見てみたい。

に投稿

COVID-19とWebinar(1)

図書館員は,今,世界的パンデミックという想像できない事態に直面している。こうした事態に対し,オンライン上で,図書館員同士の情報交換の場を設けたり,研修を実施したりすることが行われている。

ここでは,アメリカ図書館協会(ALA)が実施しているウェビナーを紹介したい。ALAのウェブサイトの中に,「COVID-19に関する今後のALAのウエビナーおよびイベント」というコーナーがある。

ここを見ると,2020年4月24日時点で,予定が3件,実施済みが24件ある。担当部門と回数は以下のとおりである。

部門回数
PLA(Public Library Association)6回
ALCTS(Association for Library Collections & Technical Services)1回
eLearning Solutions4回
OIF(Freedom to Read Foundation) 1回
GNCRT(Graphic Novels & Comics Round Table)1回
United for Libraries2回
ACRL(Association of College & Research Libraries)8回
LITA(The Library and Information Technology Association)1回
※2020年4月24日時点のウェビナー実施回数

上のリストから,米国大学研究図書館協会(ACRL)や公共図書館協会(PLA)などが多く行っていることが分かる。こうした活動は,ライブラリアンが抱える課題を共有し,専門的知見を活かした解決策を見つけ,ライブラリアンの対処能力を向上させる点で,意義がある。次の記事ではPLAの実施したウェビナーを見てみたい。