に投稿

図書の隔離期間

日本図書館協会は2020年5月14日「図書館における新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドライン」を示した。この中で,返却された資料の貸出しをどうするかに関し以下の説明がある。

資料へのウィルス付着に関係する対策については、現時点で、オーストリア図書館協会等をはじめとする海外の関係団体が公表している情報において、返却後の資料を一定期間保管・隔離したり、返却そのものを延期したりすることを推奨する例が見られるため、これらを参考にすることが考えられる。

「図書館における新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドライン」 p.4

このうち返却資料の保管・隔離について,IFLAの“COVID-19 and the Global Library Field”というウェブページに関連情報が掲載されているので,以下,紹介したい。これらは,各国の図書館協会から示されている場合もあれば,図書館を所管するところから示されている場合もある。以下の表は基本的にIFLAの情報をもとにしており,それ以上の一次情報は当たっていない。しかしながら,明確に述べられていないところ(イタリア及びスペイン)は一次情報を確認した。期間の単位は「日」に直した。

国名10万人当たり感染者数図書の隔離期間
オーストラリア2761日間
チェコ7852日間
アイルランド4,8593日間
スイス3,5363日間
オランダ2,5613日間
ベルギー4,7473日間
フランス2,751ビニールコーティングは10日間,紙は3日間
イタリア3,70210日間
スペイン(アンダルシア地方)5,86814日間

IFLAで紹介されている以外に,ニュージーランドは3日間(こちら)である。

100万人当たりの感染者数を調べたのは,感染が広がった国は長くなるのではという単なる興味である。こちらのデータはWorldometerで調べた(5月15日時点)。結果,両極はそうした傾向が見られるが,それ以外はそれほどはっきりしない。ちなみにニュージーランドは311人,日本は245人である。

それぞれ根拠はあるようだが,表から3日(72時間)が多いことが分かる。上の表にないアメリカであるが,OCLC,IMLS,Battelle(非営利の団体)がREALM(Reopening Archives, Libraries, and Museums)というプロジェクトを立ち上げた。図書館,アーカイブズ,博物館を対象に,科学的観点からCOVID-19の問題に取り組むものだが,ウイルスの残存期間も検討するようである。こちらも注目されるが,結果が出るまでには時間がかかるようである。

に投稿

電子書籍利用急増のインパクト

海外で,COVID-19による図書館閉館により,電子書籍の貸出しが急増していると報道されている。

例えば,4月22日,BBCは,英国の公共図書館における急増を伝えている。記事ではいくつかの増加の数値が出ているが,最大で2倍である。5月8日のBurnabynowの記事では,Burnaby公共図書館で450%増だという。5月13日のLadysmith Chronicleによると,Vancouver Island librariesでは50%増だという。

これらはGoogle Newsで検索した記事のいくつかの例であるが,図書館が閉館し,物理的な図書を借りることができない中,電子書籍利用が増加するのは容易に想像できる。その程度は,図書館がそろえるコレクションや利用可能性(アベイラビリティレート)などによりばらつきがあるのも当然であろう。

では,これらの電子書籍貸出しは貸出し全体の中で,どの程度を占めるのだろうか。ここではアメリカの事例を見てみたい。少し古いが,米国博物館・図書館サービス機構(IMLS)の統計書(Public Libraries in the United States FISCAL YEAR 2016)を参考にする。2016年(FY)に,アメリカの公共図書館では,22億3千万点の貸出しをしている。国民一人あたりおおよそ7点弱である。

22億3千万点のうち,電子書籍の貸出点数は3億9千万点である。近年の方が電子書籍の貸出しは増えているかもしれないが,ここでは,この数値で話しを進めると,電子書籍の貸出しは全体の17.5%を占める。

仮に,COVID-19のもと,この数値が1.5倍になったとすると,電子書籍の貸出点数は,5億9千万点ほどになり,先程の貸出全体の22億3千万件を一定とした場合,26.2%に相当する。数値を2倍にすると7億8千万点で35%を占める。

この数値をどう評価するかである。特に,こうした新しい利用形態が「ニューノーマル」となったとき,物理的な図書の貸出しはどう位置づけられるのだろうか。

貸出数はかなり多い,と評価できるかもしれない。特に2倍と推定すると,そうである。貸出全体の1/3以上であり,4割も間近だ。利用可能な資料も実はかなり増えている。先ほどのIMLS統計によると,一人当たりの資料点数は図書が2.36点であるのに対して,電子書籍は1.29点まで増加している。ここから,電子書籍だけでも,一定の貸出しをまかなえる,という評価につながるかもしれない。

一方,それほどでもない,とも評価できるかもしれない。特に,1.5倍と推測した場合,そうである。まだ,1/4である。現在のような特異な状況下においても,この程度しか増加しないのであれば,物理的な図書へのニーズは依然高い,という評価につながるかもしれない。

「コロナ禍」以前の日常は戻らず,ニューノーマル,新しい生活様式が定着するともいわれている。図書館の利用方法も変わっていくのであろうか。