に投稿

NZ Wellington (2)

ウェリントン市の図書館が提供する閉鎖中のサービスの紹介を続ける。

Beamafilm,Kanopy:Beamafilmは,映画,ドキュメンタリーなどを提供するビデオストリーミングサービスである。オセアニア地域で制作された作品が多く含まれている。個人で契約する場合は5.99NZドルかかるが,図書館の利用券があれば無料である。KanopyもBeamafilm同様,ビデオストリーミングサービスである。

Teen’s eReading Room:オーバードライブ社の電子書籍ライブラリーから,ティーンズ向けの選書を行っているサイトの案内である。アクセスしたときにはちょうど,日本のコミック『かぐや様は告らせたい』がトップページに掲載されていた。

Kids eReading Room:上のTeen’s eReading Roomと同様のもので,こちらはより小さな子供向けの電子書籍ライブラリーである。

Naxos Jazz Library,Naxos Music Library,Naxos Video Library:日本でも導入している図書館があるが,ナクソスの音楽ストリーミングサービスである。

Libby,OverDrive,BorrowBox:各種の電子書籍サービスである。オーディオブックも多く提供されている。提供点数は,それぞれ,50,000点,50,000点,3,500点以上とされている。

PressReader,RBdigital:新聞,雑誌のオンラインサービスである。前者はニュージーランドを含む60以上の言語の新聞,雑誌を読むことができる。日本のものは29紙誌あり,新聞では当日のThe Japan News by The Yomiuri Shimbunを読むことができる。

ここまで調べてきて,ふと,これらは無料なのか疑問に思ったので,料金を調べてみると,特に料金がかかるとは書いていない。ベストセラーの図書やDVDなどは1週間,10日間などで,4NZドルあるいは5NZドルかかるが,ストリーミングサービスなどには特にそうした記述は見られない。

つづく。