に投稿

NZの警戒レベルと図書館

ニュージーランドでは,2020年4月28日にCOVID-19の警戒レベルが,レベル4からレベル3に変更された。さらに,5月11日には警戒レベルを新たに見直す予定である。ニュージーランドの図書館協会,LIANZAのCOVID-19のウェブページには,警戒レベルがレベル3であるため,まだ,図書館は閉めたままであると書かれている。ここでは,それぞれのレベルで,図書館がどのように設定されているかを見てみたい。

図書館の話の前に,ニュージーランドの仕組みを確認しておく。ニュージーランドでは「COVID-19警戒システム」という仕組みがあり,警戒レベルが4段階,設定されている。それぞれにおいて,旅行,教育,人の移動などで可能なこと,禁止されていることが明示されている(ウェブページはこちら)。この警戒レベルは,科学的知見と,ニュージーランドや他国の対策の状況によって変更されるようである。つぎに,警戒レベルと図書館の対応について見ていく。

警戒レベル4:ロックダウン(rockdown)では,閉館(対面でのサービス禁止)となっている。図書館は「公共の場所と集会」という項目にあり,同じ項目には,バー,レストラン,カフェ,ジム,映画館,プール,美術館,運動場などがある。

次に,現在(2020年5月8日)の警戒レベル3:制限(restrict)ではウェブページ上の記載はないが,”New Zealand COVID-19 Alert Levels Summary“という早見表によると,上記と同様,閉館となっている。

警戒レベル2:縮小(reduce)では,早見表によると再開とされているが,一定の制限のもとである。ウェブページでは,利用者が1メートル以上の間隔を保つこと,そのために利用者数の制限をしなければならない場合のあること等が書かれている。

では,警戒レベル2になれば,すぐに開館するか,というとそういうわけではなさそうである。クライストチャーチの図書館のウェブページによると,レベル2になって以降,図書館が安全であることを確認できたのち,開館するとされている。その場合も,最も大きなTūranga(図書館名)から開館し,次第に規模の小さい図書館が続くとされている。ちなみに,Tūrangaは,クライストチャーチの地震後,新たに開館した中央図書館であり,世界的によく知られている。

警戒レベル1は記載がない。

ニュージーランドは上記のように対処方針が明確である。また,見直し時期が明示されており予測可能性が高い。こうしたニュージーランド政府の対応は,早期の封じ込めに成功したとして欧米で評価されている。

国の大きさが違うため,日本がニュージーランドのように集権的に対処するのは難しいであろうし,マイナス面も考えられる。都道府県ごとに判断するのは,地域の実情を踏まえての対応という点で優れている。しかし,都道府県ごとに「協力要請」の内容が異なること,その対象事業も異なること,など分かりにくさもある。どのような対処がよかったのかについては,国,都道府県,基礎自治体の各レベルにおいて,今後,検証が必要であろう。

に投稿

NZ Wellington(3)

ウェリントン市立図書館の閉館中のサービスを紹介してきたが,この図書館がすぐれていのは,オンラインで提供しているコンテンツを魅力的に見せる力のあることだ。

多くのコンテンツが提供されても,どのような映画,音楽,図書を読めばよいか途方にくれる人がいる。ウェリントンの図書館では,そうした「迷える利用者」を救うため,”StayAtHomeFest 2020″を開催している。これは,簡単に言えばブログである。コンテンツに詳しい図書館員による資料案内である。

どのような「お祭り」(Fest)が行われているか。以下は紹介されているテーマの一例である。

  • ミュージックドキュメンタリー(ヨーヨー・マ,ミック・ジャガーなど)
  • コメディー映画(伊丹十三「タンポポ」など)
  • 有名デザイナーのドキュメンタリー(クリスチャン・ディオールなど)
  • 漫画家のドキュメンタリー(ジュリアン・タマキなど)  などなど

これらの紹介では,単にドキュメンタリーや映画だけが紹介されているわけではない。例えば,「タンポポ」なら,映画を見てお腹が空いたら,としてOverDriveやBorrow Boxのたべもののカテゴリの電子書籍サイトにリンクを張ってあったり,ジュリアン・タマキのドキュメンタリーであれば,その漫画へのリンクがはられたり,といった具合だ。ライブラリアンが,映像,音楽,電子書籍に目配りしながら,ハイカルチャー,サブカルチャーを横断して紹介できるのは,コンテンツに対する深い理解があるからに他ならない。日本の図書館員でも,こうしたことのできる人は多くいるのではないだろうか。

に投稿

NZ Wellington (2)

ウェリントン市の図書館が提供する閉鎖中のサービスの紹介を続ける。

Beamafilm,Kanopy:Beamafilmは,映画,ドキュメンタリーなどを提供するビデオストリーミングサービスである。オセアニア地域で制作された作品が多く含まれている。個人で契約する場合は5.99NZドルかかるが,図書館の利用券があれば無料である。KanopyもBeamafilm同様,ビデオストリーミングサービスである。

Teen’s eReading Room:オーバードライブ社の電子書籍ライブラリーから,ティーンズ向けの選書を行っているサイトの案内である。アクセスしたときにはちょうど,日本のコミック『かぐや様は告らせたい』がトップページに掲載されていた。

Kids eReading Room:上のTeen’s eReading Roomと同様のもので,こちらはより小さな子供向けの電子書籍ライブラリーである。

Naxos Jazz Library,Naxos Music Library,Naxos Video Library:日本でも導入している図書館があるが,ナクソスの音楽ストリーミングサービスである。

Libby,OverDrive,BorrowBox:各種の電子書籍サービスである。オーディオブックも多く提供されている。提供点数は,それぞれ,50,000点,50,000点,3,500点以上とされている。

PressReader,RBdigital:新聞,雑誌のオンラインサービスである。前者はニュージーランドを含む60以上の言語の新聞,雑誌を読むことができる。日本のものは29紙誌あり,新聞では当日のThe Japan News by The Yomiuri Shimbunを読むことができる。

ここまで調べてきて,ふと,これらは無料なのか疑問に思ったので,料金を調べてみると,特に料金がかかるとは書いていない。ベストセラーの図書やDVDなどは1週間,10日間などで,4NZドルあるいは5NZドルかかるが,ストリーミングサービスなどには特にそうした記述は見られない。

つづく。

に投稿

NZ Wellington (1)

海外の図書館で,閉館中,どのようなサービスが提供されているか。ここでは,ニュージーランドのウェリントン市の図書館サービスを紹介する。ここはニュージーランドの図書館協会であるLIANZAのウェブページでInnovative Approachesとして紹介されている。

ウェリントンはニュージーランドの首都で人口は郊外を含めおおよそ40万人である。図書館は2020年3月22日から閉鎖されている。市全体では13の図書館ある。

ここのページに自宅からアクセスできる図書館サービスの案内が載っている。以下,順番に見ていく。

MANGO:これは,オンラインの言語学習システムで,70以上の言語が学べる。個人で利用する場合,7.99NZドルかかるが,図書館のカードがあれば無料で利用できる。

Lynda.com:こちらはオンライン学習サイトで,ソフトウェア開発などが中心のようである。毎月支払いで2,990円かかるが,図書館のカードがあれば無料である。

Archives online:ウェリントン市アーカイブズが提供するサイト。ウェリントン市アーカイブズは1840年以降の歴史を収集しており,それを検索できる。public libraryで検索すると多数ヒットする。以下は,1966年のウェリントン公共図書館のオープン時の写真である。

Copyright Attribution:Wellington City Council, photographer A K Bristow, Copyright License:CC-BY

(Copyright Attribution: Wellington City Council, photographer A K Bristow, Copyright License: CC-BY)

 つづく。