に投稿

COVID-19とWebinar(2)

実際にどのような内容をのウェビナーが実施されているのだろうか。ここでは,PLAのものを見てみる。各回のウェビナーの「説明/学習目標」として書かれているものを見てみる。

1回目は2020年3月27日で「COVID-19に対する図書館の対応―現在の状況―」と題し,公共図書館が,新たな状況にどのように対処しているのかに関し,図書館長に相当する2名から話を聞くとともに,質問等を受け付けている。まずは緊急的な情報共有という側面が強い回である。

2回目は2020年4月3日で「COVID-19に対する図書館の対応―リモートワークを成功させる方法―」と題し,関連する部門のライブラリアンから,リモートワークに移行しつつあるライブラリアンが,どのように仕事に取り組むかの方法を聞くとともに,やはり質問等を受け付け情報共有の機会を設けている。図書館閉館が進む中で,変化するライブラリアンの働き方に対処したものであろう。

3回目は2020年4月10日で「COVID-19に対する図書館の対応―ストレスと不安への対処―」と題し,PLAの関連部門の職員から,セルフケアの方法を学ぶとともに,ストレスや不安を管理する方法を学ぶ回である。ここでも,質問等を受け付けるとともに,情報共有の機会を設けている。3回目は2回目と同様,変化するライブラリアンの働き方へ対処したものといえよう。

4回目は2020年4月17日で「COVID-19に対する図書館の対応―危機の時の革新的な解決策―」と題し,図書館が閉館する中でも革新的な方法で対処しているライブラリアンから,話を聞く回である。ここでも,質問等を受け付けるとともに,情報共有の機会を設けている。2回目,3回目より積極的な印象のある回である。

5回目は2020年4月23日で,「COVID-19に対する図書館の対応―全国調査の結果―」と題し,2,500以上の図書館に対して3月24日から4月1日までに実施された全国調査の結果と,次の調査に関わる情報を共有する回である。図書館協会が音頭を取ってすばやくにこうした活動をしているところがすごい。

6回目は2020年4月24日で,「COVID-19に対する図書館の対応―デジタル・エクイティを推進するための戦略―」と題し,図書館の役割を考える回である。これまで社会の中で,デバイス,インターネットアクセス,トレーニングで一定の役割を果たしてきた図書館に現在の状況下,何ができるかを考える回である。特にWiFiに焦点が当てられている印象である。

以上,各回のウェビナーの内容を見てきた。劇的に変化した新しい環境に素早く図書館協会が反応していることが分かる。次の回では,ウェビナーの実際を見てみたい。

に投稿

COVID-19とWebinar(1)

図書館員は,今,世界的パンデミックという想像できない事態に直面している。こうした事態に対し,オンライン上で,図書館員同士の情報交換の場を設けたり,研修を実施したりすることが行われている。

ここでは,アメリカ図書館協会(ALA)が実施しているウェビナーを紹介したい。ALAのウェブサイトの中に,「COVID-19に関する今後のALAのウエビナーおよびイベント」というコーナーがある。

ここを見ると,2020年4月24日時点で,予定が3件,実施済みが24件ある。担当部門と回数は以下のとおりである。

部門回数
PLA(Public Library Association)6回
ALCTS(Association for Library Collections & Technical Services)1回
eLearning Solutions4回
OIF(Freedom to Read Foundation) 1回
GNCRT(Graphic Novels & Comics Round Table)1回
United for Libraries2回
ACRL(Association of College & Research Libraries)8回
LITA(The Library and Information Technology Association)1回
※2020年4月24日時点のウェビナー実施回数

上のリストから,米国大学研究図書館協会(ACRL)や公共図書館協会(PLA)などが多く行っていることが分かる。こうした活動は,ライブラリアンが抱える課題を共有し,専門的知見を活かした解決策を見つけ,ライブラリアンの対処能力を向上させる点で,意義がある。次の記事ではPLAの実施したウェビナーを見てみたい。

に投稿

再開館に向けて(2)

前の記事の続きで,American Libraries誌に「再開館: 『いつ』ではなく『どのように』」という記事を紹介する。

今後,感染拡大の沈静化とともに,図書館が少しづつ開館していくことになるが,記事では,その場合でも各種の配慮が必要とされている。設備の再配置による社会的距離の確保,入館者数の制限,開館時間の短縮,コンピュータの利用制限や消毒,資料を介した感染を防ぐ手立てなどである。また,高齢者や免疫不全の利用者のための時間を設けることも検討されている。PCPLでは,職員と利用者の体温測定も検討している。

日本でも,レジに並ぶ際,一定の距離を保つことが急速に広まった。また,レジを打つ人との間にビニールを吊るすことや,釣り銭のやり取りをトレーを介して行うことも広がっている。どこまで,何をするかはローカルな状況,つまり国,地域,施設の性格によって違いが出てくるであろう。様々な配慮の可能性がある。

記事では,より積極的なサービスとして,求職者に対する履歴書作成など各種支援がAPLで予定しされているという。また,社会的距離を保つため,ノートパソコンを貸し出すことも検討している。記事では最後に,こうした図書館の変化をコミュニティの人々に理解してもらうことは困難であること,利用者には多くのサービスを提供したいがしばらくは一定の制限のもとになりそうであることが,紹介され結ばれている。

感染から利用者,職員を守るといった,いわば消極的な取り組みももちろん必要だが,積極的な創意工夫が図書館員には強く求められるのではないだろうか。

に投稿

再開館に向けて(1)

American Libraries誌に「再開館: 『いつ』ではなく『どのように』」という記事が掲載されている(Balzer, Cass. April 17, 2020)

図書館の開館に向けた取り組みという点では,日本の図書館とも共通すると思うので,以下,紹介したい。記事は,オレゴン州のアルバニー公共図書館(APL)を始め,複数の図書館関係者のコメントで構成されているので,ここでは,それらを要約した形で紹介する。

まず,再開館(reopening)は,図書館がコントロールできない不確実性に依存していることが,ニューメキシコ州立図書館(NMSL)の図書館員によって指摘されている。例えば,セキュリティーサービスは外部組織に依存しているため,それらの復旧が関わってくるという。こうした外的な不確実性のため,図書館の再開館に向けた計画は,つねにアップデートを余儀なくされているという。柔軟性が求められるわけである。

このことは,日本の私たちの現在の状況からも容易に理解できる。治療法,ワクチン,感染者の増減,メタレベルの政策,こうしたことが図書館の選択肢を左右している。

つぎに,記事では,再開する場合,その順序として,開館せずに実施できるサービスから始めることが指摘されている。例えば,NMSLでは,相互貸借,予約サービスが挙げられている。また,ピマ郡(アリゾナ州)の公共図書館(PCPL)では,カーブサイドサービスを提供するようである。

これらは利用者同士の接触を最小限にした形でのサービスから,ということだろう。利用者同士の感染を防ぐこととともに,図書館員への/からの感染を防ぐことも重要である。そうした配慮をした上でのサービスが,最初のステップになりそうである。

つぎのステップは次の記事で。

に投稿 コメントを残す

これからの課題

コロナウイルスの影響は,私たちの生活に大きな影響を与えている。今後,この影響がどこまで広がるか分からないが,図書館における影響範囲について,IFLAのブログが10点に整理している。日本でも考えていく必要のあることが多い。ここではそれを紹介したい(以下は意訳)。

  1. 今後,景気後退が予想されている。その中で,多くの人が,解雇,ホームレス,貧困などのリスクにさらされることになる。同時に,キャリアを立て直すための学習,各種支援,安全な場所の提供などへのニーズが高まる可能性がある。図書館はそのための場を提供することができる。
  2. 多くの図書館が資料提供をデジタル環境に移行した。また,オンライン学習の支援を行っている。行動の制限がなくなったあとも,この傾向は継続するかもしれない。図書館にとっては,資源配分とプライバシー確保が課題になる。
  3. 急激に拡大する政府の経済対策は,長期的に図書館予算を減少させる可能性がある。図書館は社会の復興のため役立ちうることを主張し,十分な予算を得る必要がある。
  4. 多くの教育機関がオンラインに移行した。しかし,児童生徒にとってそれが完全だったとはいえない。そうした児童生徒への支援が課題である。また,信頼性の高いプラットフォーマーとして,オンラインや生涯学習のコンテンツを自ら,あるいは提供者と連携して提供することが期待される。
  5. パンデミックの拡大抑制のため,政府は感染者と接触した人の情報を収集し活用している。個人の行動に関するそうした情報の収集は,平時においては望ましくない。図書館は,高いレベルのデータ保護,プライバシー保護,学問の自由,透明性(openness)が必要であることを人々に思い出させる準備が必要である。
  6. 危機に直面して初めて,現状の著作権がアナログの世界を前提としたものであることが明白になった。現状,権利者が一方的に著作物の利用を許諾しているものもあるが,そうした善意に今後も期待するのは理想的とはいえない。今回の教訓はデジタル時代に,図書館がこれまでと同様のサービスができるよう著作権制度を整備することだ。
  7. デジタルのインフラが脆弱で不完全であることが明確になった。社会の中で,ネットワーク環境にアクセスできない人がいる。また,十分なスキルを持たない人がいる。図書館はネットワークの基盤を提供し,スキル開発の機会を提供できる。そのための予算配分の対象でもある。
  8. パンデミックの環境下,各種情報,例えば,統計,地図,論文がオープンアクセス化された。同時に,テキストマイニング,データマイニングの制限も取り払われた。こうしたオープンな情報共有環境は望ましい。将来に向けて図書館は法制度,ビジネスモデルの点でこれらの重要性を主張するべきだ。
  9. パンデミックの数少ないプラスの効果は,環境問題の改善である。事態が改善されても,図書館には環境に配慮することが期待される。また,リモート環境での業務推進が可能かもしれない。
  10. 人が幸せになるには文化が必要だ。実際,パンデミックの環境下,デジタルによるそうしたサービスへのニーズが高まっている。そのための投資が必要だ。図書館はそのために役立ちうる。同時に,将来に向けて,図書館員は現在の状況を記録し,保存することが必要だ。

以上,10点,紹介してきた。詳しくはIFLAのウェブページを見てほしい。世界の図書館を視野に入れた指摘であるが,日本の状況と重なることも多い。

に投稿

イギリスの状況

イギリスの閉館状況について,少し古いが3月23日のデータがある。ボリス・ジョンソン首相,3月23日,国民に向けた演説(PM address to the nation on coronavirus: 23 March 2020)で図書館に言及した。言及したのは演説の中盤で,衣料品,電化製品など生活必需品以外の商店などを閉めることに触れた際である。原文は以下のとおりである。法令の根拠への言及はなく,そうしたものには基づかないように見える。

close all shops selling non-essential goods,​ including clothing and electronic stores and other premises including libraries, playgrounds and outdoor gyms, and places of worship;

公共図書館のニュースを提供する独立系サイト,Public Libraries Newsによると,3月23日時点で95%の公共図書館が閉館を決めていたという。同ニュースでは,以下のようなコメントも見られる。

  • 図書館は閉館するが,宅配サービスは継続(Wandsworth)
  • 罰金の支払い停止と貸出しの無期限延長(Reading)
  • 社会的弱者への各種サービスを行う図書館関連施設は継続(Bath and Northeast Somerset,Leeds)

イギリスは,日本と比較してコロナウイルスの影響が大きかった。そのことが,図書館閉館が早く進んだことと関係しているのかもしれない。

に投稿

オンラインの利用登録

図書館のサービスがオンラインにシフトする中,利用券の発行が課題になっている。日本では,オンラインサービスが充実していないので,問題になっていないが,欧米では課題である。実際にどう行っているか。

図書館により方法はいろいろである。アメリカ シアトルの図書館はオーバードライブ社のIDC(Instant Digital Card online service)という仕組みを使っており,利用登録の際,携帯電話の番号を入力させている(こちら)。携帯電話の番号で申請者の住所を確認している。

以前紹介したニュージーランドのウェリントンでは,名前,住所などを入力させ,4週間だけ有効なカードを発行している(こちら)。通常のカードは開館後,図書館で手続きをすると入手できる。

こうしたオンラインの利用は急増している。Local Government Association記事では,イギリスのハンプシャーカウンティではデジタルの利用者が770%増加したという。

今回のような緊急時では,簡易な方法により利用登録を可能にすることが必要となろう。

に投稿

開館/閉館時の考慮事項

CILIPのCILIP Coronavirus Information ServiceのSector-specific advice and guidanceで,図書館を開館する場合,あるいは閉館する場合のアドバイスがある。これから閉館する場合,あるいは今後,開館する場合に参考になることがあると思うので,紹介したい。

開館する場合

  • 手洗いに関するNHSによるアドバイスのポスター掲示を検討(日本で言えば,厚生労働省の情報か)
  • すべての利用者,職員にハンドジェルを提供するか,手洗いの場所の案内を掲示(日本でもよくアルコール消毒のボトルが置かれている)
  • キーボードなどを拭くものを用意
  • 図書館の事務用スペース,利用者スペースが定期的に,完全にクリーニングされているかを確認
  • 他にも,マスク着用のルール化,社会的距離,イベント実施の際の配慮,資料の消毒(または一定期間の隔離)等,考慮すべきことがさまざまありそうだ。

閉館する場合

  • 貸出期間の延長
  • イベントのキャンセルとその連絡
  • サービスが暫定的に停止されていることの連絡
  • E-mailまたはオンラインで図書館と連絡を取れることの通知
  • 遠隔サービスの検討
  • 状況変化について利用者,職員に定期的に通知
に投稿

ALIAの取り組み

オーストラリア図書館情報協会(ALIA)は,コロナウイルスの広がりを受けて,3月4日以降,以下を実施した。これらは,日本における今後の取り組みにとっても示唆に富むと思う。以下,簡単にメモ。

  • 情報共有のためオンラインスペースを作り維持
  • 会員を支えるため,Relief FundALIA Connectsなどを創設(Relief Fundは,収入減少の会員のためのファンド。10,000豪ドルで寄付も受付中。家賃等のためで一人500豪ドルまで。ALIA Connectsは会員間のコミュニケーションを促進するための事業。例えば,毎週金曜日17時からはZoomでカジュアルなチャットを実施)
  • 対面で行われるイベントをキャンセル
  • ALIA従業員の在宅勤務を実施
  • ALIAのグループによるイベントを延期,またはオンラインに切り替える
  • 会員の能力開発のための機会提供を拡大
  • ALIAが認定する教育機関で生じる問題(研修期間等)に関する方針に合意し情報を共有
  • 読み聞かせをオンラインで行うため権利者団体と著作権に関わる取り決めを締結
  • 地域の情報提供のためのコミュニケーションリソースを開発
  • 資料を安全に用いる方法,オンラインを安全に提供する方法を助言

これらに加え,ALIA理事会は3月20日,3月27日,4月3日にメッセージを発している。社会的状況が異なるため,同じことが日本で有効であるわけではない。しかし,ヒントにはなるであろう。

に投稿

NZ Wellington(3)

ウェリントン市立図書館の閉館中のサービスを紹介してきたが,この図書館がすぐれていのは,オンラインで提供しているコンテンツを魅力的に見せる力のあることだ。

多くのコンテンツが提供されても,どのような映画,音楽,図書を読めばよいか途方にくれる人がいる。ウェリントンの図書館では,そうした「迷える利用者」を救うため,”StayAtHomeFest 2020″を開催している。これは,簡単に言えばブログである。コンテンツに詳しい図書館員による資料案内である。

どのような「お祭り」(Fest)が行われているか。以下は紹介されているテーマの一例である。

  • ミュージックドキュメンタリー(ヨーヨー・マ,ミック・ジャガーなど)
  • コメディー映画(伊丹十三「タンポポ」など)
  • 有名デザイナーのドキュメンタリー(クリスチャン・ディオールなど)
  • 漫画家のドキュメンタリー(ジュリアン・タマキなど)  などなど

これらの紹介では,単にドキュメンタリーや映画だけが紹介されているわけではない。例えば,「タンポポ」なら,映画を見てお腹が空いたら,としてOverDriveやBorrow Boxのたべもののカテゴリの電子書籍サイトにリンクを張ってあったり,ジュリアン・タマキのドキュメンタリーであれば,その漫画へのリンクがはられたり,といった具合だ。ライブラリアンが,映像,音楽,電子書籍に目配りしながら,ハイカルチャー,サブカルチャーを横断して紹介できるのは,コンテンツに対する深い理解があるからに他ならない。日本の図書館員でも,こうしたことのできる人は多くいるのではないだろうか。